独りごと

アクセスカウンタ

zoom RSS 大晦日に思う

<<   作成日時 : 2017/12/31 10:57   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

早いもので今年も今日、大晦日を迎えた。考えるまでもなく、私のとって来年は喜寿の年である。
現在社会はグローバル化と機械化が猛烈な勢いで加速する中、ICTやAI、SNS、IoTが氾濫しており、この傾向は益々激しくなることが予測される。一方では世界規模では争い事や戦争、テロ、社会システムの見直しや変更が進み、中身が乏しい歴史観を堂々巡りしている国も勢力を伸ばしてきた。国内ではやたらと企業や地方自治体、個人の犯罪や不祥事が目立つ年であったような気がする。一口で表現すると困難な時代、好ましからぬ時代を生き抜いていかねばならない時を迎えているように思う。
このような時だからこそ、私たちは正しい民主主義と自由を維持すると同時に、国家と個人の尊厳を尊重し大事にしていかねばならないのではないだろうか。全員一致でないと決められない、行動できないというのは歪んだ民主主義であろう。やはり信頼できる優秀なリーダーを育て活用するのが全て上手く物事が転がるような気がする。日本ではリーダーやエリートという言葉自体には猛烈な反発を招く傾向が強い。民主主義そのものが最高で完全無欠なシステムではなく、他のシステムに比べるとベターなものであるに過ぎないことを考えると、より良い永続的な社会の構築はシステムではなく人間そのものに依存するところが大きいのである。自由な思考と行動の中で、正しい民主主義の在り方を誰もが考え直してみる時期になっているのではないだろうか。
さもなくば、かつての短命に終わった古代ギリシャのような国家崩壊につながるかも知れないと危惧している。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
大晦日に思う 独りごと/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる