独りごと

アクセスカウンタ

zoom RSS 寒気到来に思う

<<   作成日時 : 2017/12/11 20:06   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

しばらくブログを休んでいる間に、すっかりと寒くなった。今年も残り20日、あっという間の一年であったような気がする。忙しかった割には、特別に何かが残った訳ではない。毎日気ぜわしく走り回っている間に月日が過ぎてしまった。しかし、合間合間には何らかの本は読んでいる。就寝前には必ず、1ページでも何かを読む習慣だけは続いている。最近のつまみ読みは井沢元彦の逆説の日本史第23巻である。ついこの前も同じ事を書いたのだが、、その時からあまり進んでいない。疲れ果てて、早く寝込んでしまうからだろう。
寒い夜、疲れた夜、やはり寝るのが早くなってしまう。
現在、彼の著作で気になっていることは、日本の社会システムの伝統として「バカトップ」 がハバを利かせるという記述である。「昔陸軍、今朝日新聞」という彼の表現には思い当たる節もあるので、これが慢性疾患にならなければいいが、不要な心配と言われるかも知れないが心配している。彼はなにしろ、このテーマで200ページも割いて詳述しており、普通の歴史書を読むよりは面白く内容があるように感じている。勿論人により受け止め方はマチマチであることとは思うのだが‥‥。
「バカトップ」が跋扈する世の中になると益々寒気が増幅していまいそうである。寒い冬には体に良くない話題であると思いつつも、ついつい目を通し時間を割いてしまう。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
寒気到来に思う 独りごと/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる