独りごと

アクセスカウンタ

zoom RSS 人の落ち度を責めるだけでは・・・・

<<   作成日時 : 2018/05/07 18:36   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

長い連休が明けて、今日からは通常通りの生活が始まった。国の現状と行き末を討議する国会も動き始めるのだが、相変わらず野党の面々は政権の落ち度を責めるばかりで、審議にも応じていない。落ち度を責めるのは野党として当たり前なのだが、それだけしかしない、もっとやらなければならない重要なことがあるにもかかわらず、とにかく落ち度をつつくばかりでここしばらく時間を浪費しているように私には見えるのだが・・・・・。時には責められる身になって考えてみようではないか。人間、落ち度の全く無い者はあまりいない。勿論ゼロとは言わない。何も行動を起こさなければ落ち度などは無いから、である、そんな議員もいるかも知れない。
私はもう70数年過ごしているが、実に数多くの不手際を経験してきたことであろうか、自慢にはならないが。攻める人がいたら、のべつ間もなくやられていたに違いない。決して落ち度があっても良いという訳ではないが、全ての行動をそれを責めるだけにしてしまうのは問題だといっているのである。遣らねばならない重要事項をシッカリとこなした上で、落ち度も攻めるのが常識ある人、議員ではあるまいか。今の状態は先ず落ち度を責める、それが解決しないと重要事項には目もくれないという状態になっているのが心配なのである。連休明けには新しい野党集団が生まれたり、その目が芽生えたりしているが、政権の落ち度をあげつらうだけの政党にはなって欲しくない。それだけでは自己満足は出来るかも知れないが、次回の選挙結果が危うくなることは間違いないであろう。物事の優先順位も考えられないような野党ならいくつあっても国の役に立たないのではないか。国会議員が遣るべきことで重要なことは政権の落ち度を責め上げることだけではないと思うのだが・・・・・。この政治の貧困は何時まで続くのであろう。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
人の落ち度を責めるだけでは・・・・ 独りごと/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる