アクセスカウンタ

<<  2018年4月のブログ記事  >>  zoom RSS

トップへ

タイトル 日 時
eスポーツ
今では「eスポーツ」などという言葉が流行っている。私は不勉強ながら知らなかった。オリンピックの正式種目にも採用されるかも?とかの噂もあり、4年後のアジア大会では陸上競技やサッカーなどと並び正式種目入りが決定しているとか。知らないでは済まされなくなった。 eスポーツとは何であろうか? 「エレクトロニック・スポーツ」の略称、つまり、パソコンの対戦ゲームで、スポーツの様に競い合うことが名前の由来だという。欧米や東アジアでは大会に多くの観客が集まっているそうだ。加えて賞金総額が20億円を超える例もあり... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/04/29 20:57
電気自動車の歴史は古い
今でこそEVは時代の波に乗りかけているが、発明されたのはガソリン車より古くイギリスでは1873年に実用的な電気自動車が造られている。ドイツの発明家、カール・ベンツがガソリン車を造ったのは1886年のことであった。日本では1947年に東京電気自動車(後にプリンス、そして日産に吸収された)が製造しており、51年頃まで東京でタクシーに使われていたようである。しかしその後、ガソリン車の技術革命やガソリンスタンドの普及でガソリン車全盛の時期を迎えたのである。そして現在は環境への価値観の高まりと資源の枯渇問... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/04/25 20:31
AIは人間にとって代わる?
近頃はAIだのIoT、ロボットなどで賑わっている。世の中にAI等に関する書籍や情報が溢れかえっているのが現実である。やがてはAIが人間の知能を追い越すのではないかとの不安も報じられている。無理もない、囲碁や将棋の世界では名人を打ち負かしているのだから・・・・。しかし、そんな時代はやってこない、という本を書いた人がいる。新井紀子である。但し、人間の多くの仕事がAIに取って代わられる時代は来ると予測している。今では、囲碁・将棋界だけでなく、東京大学の入試問題をAIに解かせ合格点が得られるようにする計... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/04/24 10:28
功詐欺不如拙誠(こうさはせっせいにしかず)
最近、新聞やテレビを賑わしている、政治家や官僚たちの手前勝手な言い訳、そして深謝の繰り返しは見てはおれないものがある。初めに軽い気分で嘘をつくと、バレてしまいお詫びをする、言い逃れじみたお詫びだからアチコチからつじつまが合わないことを指摘されて言い訳とお詫びが繰り返される。 こんな事態を憂慮して、昔故・宮沢喜一元首相が政治のあるべき姿は「功詐欺不如拙誠(こうさはせっせいにしかず)」でなけれなならない、と言ったことがある。巧みに偽り負かすゴマカス「「功詐」よりも、つたなくとも正直に誠意がある(拙... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/04/23 19:41
最善の策
民主的とかリベラルとか、人権、個性、自由等々の言葉が頻繁に街中に溢れる世の中になり、一般大衆は気楽に暮らせるようになって来た。一昔前では個人がそんなことを言っても良いものかと躊躇したことですら今では誰も遠慮なく自分の思いを声に出すことが出来る。それが行き過ぎて、自己主張しかしない、他を慮ることなく発言・行動人も増えて来て問題だとは思うのだが・・・・・。 大衆はそれで気楽なものだが、一方社会を統治する立場の人にとっては大変な時代である。軽い気持ちで口を開こうものなら、失言、不適切とか言われたり素... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/04/22 19:31
幸運と幸福
人は生まれつき不平等にできている、と常々思う。法の下や神の前では平等というが、現実はそんなに甘くはない。子供ならいざ知らず、大の大人が平等平等と言いつのるのには違和感を感じるばかりである。生まれつき、健康状態も体力も能力も、環境も経済状態も、誰もが同じではない、何事も平等ではないのである。だからその差を埋め合わせるために福祉や優遇措置を国は推進している、出来るだけ公平に生活することが出来るように、と。考えてみるまでもなく、もしも誰もがすべて平等であり、同じようにできていたら面白くない世の中になる... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/04/15 20:37
祖国愛
先日多摩川で入水自殺を遂げた西邊 邁、誠に惜しい人材を亡くした。彼の遺稿の一つに「保守の遺言」があり、時々ゆっくりと味わって読み進めている。何しろ哲学的で、且つ英語は勿論、ドイツ語やギリシャ語、フランス語等々が散りばめられており、私にとっては少々難解な書物であるから、そうスイスイとは行かないのである。しかし、その内容は分からないながらも大事なものがある様に思えて、諦めずにボチボチ読んでいるのである。その中に、彼の祖国愛について綴った個所があり、これを見ると彼がかつて東大の講堂に籠ってゲバ棒を振り... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/04/09 21:40
度を超す花冷え
ここしばらくは暖かい日が続き、時には25℃にもなる暑い日もあった。お蔭で公園や川沿いの桜はパッと咲いてもうツツジが花を開き始めている。しかし昨日と今日、特に今日は外気温度6〜7℃と極端に下がり一挙に冬に舞い戻ってしまった。桜は驚いたためか全て散り落ちてしまった。我が家は再度暖房を入れるやら、薄着になっていた服装を元に戻したりとバタバタしている。こんな時には風邪を惹きやすく危険である、お互いに注意しなければならない。 誰もが寒い寒いと縮こまっているが、良いニュースが海外から連日入って来る。最近は... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/04/07 20:25
信の世界に偽詐多く・・・
最近の政府機関の成すことは、何処までが本当なのか、何処まで真面目にやっているのか、わからないものが多い。特に厚生年金関連は同じようなミスを何度も繰り返しており始末が悪い。勿論政府や議員、行政機関や役人、役所だって疑えば切りなく問題がありそうである。真面目に税金を支払っている国民が一番割に合わない。否、その税金にも過払いや不足がいたるところで起きていると言うから、本来信用できると思っていたことが、何をどこまで信用してよいものかはたと迷ってしまう。 いつの時代も真理の見極めは難しい。その昔、福沢諭... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/04/01 19:19

<<  2018年4月のブログ記事  >> 

トップへ

独りごと 2018年4月のブログ記事/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる