独りごと

アクセスカウンタ

zoom RSS 笑いは人間を冷静にする

<<   作成日時 : 2017/10/12 21:10   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

大昔からユーモアは人間関係を良好にするのに役立つ、とか生活に潤いをもたらすとか、その効用が伝えられている。そして日本人は、そのユーモアのセンスがないとか、ユーモアの発祥の地は英国であり上質のユーモアでは英国人には敵わないと言った話は随分と昔から日本では通説になっている。
最近読んだイタリア在住の作家作家、塩野七生の「逆襲される文明 日本人へW」で、彼女は夏の暑さ・けだるさを忘れさせてくれた本を2度も読み返したと書いている。2度もゲラゲラと笑ってしまったというから、相当にお気に入りの本に違いない。著者はコリン・ジョイス(英国デイリー・テレグラフの東京特派員)。本は「日本社会入門 英国人記者の抱腹レポート」(NHK出版)である。私はまだ目にしていないが是非読んでみたいと思っている。彼女はこの本を新内閣の大臣たちから企業の首脳陣、そして新入社員に至るまでの、秋に入っての必読書として推したい、と書いている。「笑いという武器は、人間を冷静にするのに役立つ。そうして冷静な立場に立って人間世界を見ることは、難題ばかりの現実に対処するにはことのほか役立つと思う」というのが推薦理由である。
日本人は上質なユーモアは苦手かも知れないが、笑いは好きな民族ではないだろうか。落語や綾小路キミマロの演技には人気が集まる。冗談を言うのも好きではないか。渋い顔しているよりは笑い飛ばしている方が好きな人が多いとは思うが、果たしてそれで人間が冷静になるのに役立つかどうかはよく分からない。それはともかく、私も笑いやユーモアは好きな方だから、彼女の推薦書を読んでみたい気持ちになったのである。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
笑いは人間を冷静にする 独りごと/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる