独りごと

アクセスカウンタ

zoom RSS コルタナ

<<   作成日時 : 2017/08/06 20:42   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

8月5日の夕刊に、最近のパソコンやスマホは会話する能力が高くなっていることを取り上げている。確かにパソコンで「何かお役に立てることはありますか?」と聞いてくるコルタナ(Cortana)に言葉で問いかけると、時に面白く、時に鋭く答えて来るのである。新聞はネット上の事例として、例えばウィンドウズの会話ロボ「コルタナ」に「好きです」と告白する。解答例は「嬉しいです。大きな目標を達成した気分です」との優等生の回答が得られる、と書いている。まさかそこまでになっているとは知らなかったが、私も「好きです」と問いかけてみた。私の場合の回答は「私も好きです」であった、嘘ではないのである。米国アップル社のiPhoneで「Siri」に「大好き」と話しかけると、「外見だけで判断しちゃダメ」と諭すらしい。「まぁ素敵。さぁ仕事に戻りましょう」とかわされることもあるとか。米国グーグル社のアンドロイドを使うスマホは、「好きだ」というと「嬉しいです」と答えるそうだ。
ただ、政治問題への問いかけに対しては、どこも慎重な対応になっているのが共通だそうだ。中国では具合の悪い(共産党にとって)回答になる場合には、停止されてしまうというから国情が反映されている。
今後はインタネット利用の会話形式応対が急増することが予想されている。便利であり、頼もしくもあるが、一面恐ろしさも感じる。どこかで見知らぬ人の犯罪の片棒を担がされたりするのはご免である。何事も便利さの裏には、怖さが見え隠れするものではあるが、各メーカ共にセキュリティには万全を尽くして提供して欲しいものである。怖さを知らない若者や高齢者も大勢生活しているのだから・・・・・。安全、安心、信頼を感じることのできる新技術は大いに発展させ、利用して行こう。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
コルタナ 独りごと/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる