独りごと

アクセスカウンタ

zoom RSS 大雨警報発令

<<   作成日時 : 2017/07/09 20:15   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

7月7日は七夕の日であるが、北部九州は北九州市を含めて6日の夜から大雨洪水警報があちこちで発令された。日田や朝倉では雨だけでなく山や崖が崩れて数十名の死亡者を出す大惨事となった。北九州市は災害が少ない地域とはいえ、一部の地区では警戒警報が出され、7日の小中学校は軒並み休校となった。私も7日は午前と夜にパソコン教室の予定があり、どうしたものかと考えてしまった。それでも午前中は何とか予定通り実施、しかし夕方から明朝にかけて更なる豪雨が予想されるとの予報が出たため夜の講座は中止した。しかし結果は何事も起こらなかった、雨も風も崖崩れも、予報は大外れであった。思い切って実施すればできないことはなかったのだが、グループ幹事の人は安全第一で休講を決めた。もしも警報にもかかわらず実施して、問題が発生したら責任問題になるから責任者の判断は重大である。
北九州市にも災害に弱い個所は何か所もあり、ちょっとした風水害の予報に幼稚園や小中学校は直ぐに休校になるようになった。学童は喜ぶが、関係者はいつも頭の痛い問題である。父兄や保護者の抗議は最近とみに激しさを増しており、直ちに十分に安全な対策を発表しないとメディア報道と合わせて大問題になる。昔に比べ、情報伝達の速さが格段に速く、市や学校の災害関係者はグズグズしてなどはおれない社会になった。勿論、良いことと良くないことの両面があるが、より柔軟且つ的確な対応が要求される。吊るし上げられるからというのではない、誰もが出来るだけ安全な暮らしが出来るようにするためである。そこをはき違えると、いびつ・不可解な対応となって、メディアは真偽の内容を十分に確かめもせずに不手際を大々的に攻撃的に報道する、待ってました、とばかりに。地道に汗を流している自衛隊員やボランティア、被災者、役所関係者の気持ちにも配慮した、報道を期待したいものである。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
大雨警報発令 独りごと/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる