独りごと

アクセスカウンタ

zoom RSS 東北の味覚が届く

<<   作成日時 : 2017/07/29 21:01   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

毎年この時期になると、東北の夏の味覚「ホヤ」が届くのだが、それが今日やって来た。私の2歳先輩が盛岡出身で釜石製鉄所入社、現場からたたき上げて新工場の企画や建設を担当する部署にいた。その後、八幡、君津、本社に移動していた。私とは職場は違うが、プラント建設設備を扱うプラントの設計をしていた頃にし知り合い、本社では同じ部署にいたことから懇意になった。岩手や青森当たりの海では夏の一時期「ホヤ」が採れる。短い時期にしか手に入らないが、独特の形に加えて匂いがあり嫌いな人も多い。先輩や私は大好物であり、夏になると先輩の親戚やかつての同僚辺りから送られてくる「ホヤ」を毎年楽しみにしていた。今でもその習慣が続いており、私は先輩から毎年おこぼれをいただいていたのである。食べ慣れた食材ではあるが1年に一度のご馳走であり、今年も美味しくいただいた。我が家でもホヤを食べるのは私と娘の主人しかいないので(女性軍は皆、臭いと言って食べない)、ビールや焼酎を飲みながら何度かに分けて食している。
ホヤは家庭で食べても美味しいが、やはり海辺の料理屋で夕方から仲間と一緒にワイワイ喋りながら、地酒やビールを酌み交しながら食べるのが美味しい気がする。私は青森の仕事には縁があり何度も出張していたのでいつの間にかホヤの味を覚えてしまった。確かに最初は美味しいとは感じなかったが、慣れて来ると無いと寂しくなる味である。今でも、ホヤが取り持つ縁で昔の仲間たちとの交流が続いているのは嬉しいことである。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
東北の味覚が届く 独りごと/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる